世界「酒飲み国家ランキング」がこれだ! ヨーロッパ最強すぎ!!

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%ab

アルコールは万国共通の趣向品だ。宴会やパーティーでは欠かせない存在であり、かのイエスキリストですら時々水をぶどう酒に変えて飲んでいたというほどだ。そんな命の水と言っても過言ではない酒好き国家ランクがジャーナリストのマット・スタイリズによってノミネートされた。

世界183ヶ国のアルコール消費量を調査

今回の調査によるとヨーロッパ周辺国が上位20位中19ヶ国ランクインしていたという驚きの事実が判明する。1位は東ヨーロッパに位置する共和制国家ベルラーシだった。東にロシア、南にウクライナ、西にポーランド、北西にリトアニアと国境を接する、世界最北の内陸国だ。

709364_5

 

【世界各国のアルコール消費量ランキング トップ20】

第1位:ベラルーシ(17.32リットル)
第2位:リトアニア(12.65リットル)
第3位:チェコ(12.43リットル)
第4位:クロアチア(12.18リットル)
第5位:オーストリア(12.04リットル)
第6位:ポルトガル(11.92リットル)
第7位:フランス(11.8リットル)
第8位:アイルランド(11.72リットル)
第9位:エストニア(11.61リットル)
第10位:ハンガリー(11.51リットル)

第11位:ルクセンブルク(11.4リットル)
第12位:ドイツ(11.2リットル)
第13位:ロシア(11.05リットル)
第14位:赤道ギニア(10.99リットル)
第15位:ポーランド(10.93リットル)
第16位:キプロス(10.69リットル)
第17位:ブルガリア(10.67リットル)
第18位:英国(10.67リットル)
第19位:スロベニア(10.61リットル)
第20位:アンドラ(10.57リットル)

 

今回の調査ではアルコールの製造量、販売量などをもとに行われている。しかし、ウォッカで有名なロシアがドイツやオーストラリアで負けるのは意外だった。しかし、いいことがあるばかりではない。1位のベルラーしでは酒による、犯罪や飲酒運転などの犯罪が増加傾向にあり政府もこれに危機感を表しにしている。また、酒による腎臓病や急性アルコール中毒患者も増加しており、かなり大変そうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です