高機能なカラオケ@DAMが様々なデバイスに対応

通信カラオケ業界の第一興商は今までカラオケ店舗向けに提供していた、
DAMの通信カラオケサービスを個人向けに本格提供する様子です。

2016年4月の時点では、Microsoft社製品のゲーム機XboxOneに限って、
30日間利用で1,080円、24時間利用で324円の料金で楽しめる
“カラオケ@DAM”というサービスを提供していました。

また、Windowsパソコン向けにも月額1,080円でメロディーと歌詞だけを提供し、
キーやテンポなどの変更は利きませんが自宅での簡易カラオケが可能でした。

今回は2016年11月の時点で、Windows10(パソコン)とPlayStation4にも
XboxOneと同等のサービスを自宅向けの通信カラオケサービスを提供しました。
また、iPhoneの一部端末でも利用可能です。

このおかげで、Windowsのパソコン,XBoxOne,PlayStation4などで自宅に居ながら
利用料金は変わらずDAMのカラオケが楽しめることになります。

pasona_34_tp_v1

また、キーの変更やガイドボーカル、採点機能なども付いていますが、
デバイスによって機能が付いていないものもありますので注意が必要です。

おそらく、通信カラオケサービスが伸び悩みのある端末の販売を補助する形で、
実現したものと思われます。30日間で1,080円の料金は理想的な価格ですが、
どの端末を選ぶかが消費者にとって悩みどころになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です