仮想通貨のビットコインが熱い

ビットコインとは、2009年にアメリカで発行され、運用が開始された仮想通貨です。
仮想通貨というとなんとなくあやふやなイメージですが、世界中で利用可能なマネーです。

また、ビットコインの特徴として価格が固定されておらず、株式のように変動しています。
そのため、100円で購入したビットコインが10年後には1,000円になったり1円になったりします。

pak85_singadoll20140531_tp_v1

そして2014年に起こった大手取引所のマウントゴックスが取り引きを一時的に停止した事件では、
ビットコインを預けていても引き出せないという事態に陥りました。

これは、ビットコインの価格の変動性を利用して、マネーロンダリングを行った結果、
ある日の一週間後にビットコインの価格が、半額にまで下落したためです。

このように、2014年の時点では未完成な仮想通貨でしたが、改善され今も仮想通貨として使われています。
例えば、日本では”OKwave”という質問回答サービスにてお礼としてビットコインが採用されました。

一時期は、ビットコインは消滅したと思われた方も多いですが、今は日本で熱く取り引きされています。
それは日本においてビットコインの送金手数料が一律数円であることや、世界中で利用できること、
2017年春頃からは消費税すらかからないことが大きな理由だと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です