京大、がん細胞を殺傷できる強力なキラーT細胞をヒトiPS細胞から再生

今年の11月22日、京大はがん細胞を殺傷する能力をもつキラーT細胞を作製することに成功したと発表した。

同成果は、京都大学ウイルス・再生医科学研究所 河本宏教授、前田卓也特定研究員らの研究グループによるもので、11月21日付けの米国科学誌「Cancer Research」オンライン版に掲載された。

がん細胞に反応するキラーT細胞を体外で増やして患者に投与するという手法が、一部のがんの治療に有効であることがこれまでに示されているが、キラーT細胞を培養するとある程度増えた時点で疲弊してしまうため、高品質な細胞を効率よく増やすことは一般的には極めて困難であった。

T細胞は、T細胞レセプターを細胞表面に出しており、このレセプターを使って標的になる分子(抗原)を認識する。このT細胞レセプターは、遺伝子再構成とよばれる仕組みによって作り出された遺伝子からつくられるが、がん抗原を認識できるT細胞レセプターを有するT細胞からiPS細胞を作製すると、iPS細胞には再構成されたT細胞レセプター遺伝子の構造が受け継がれる。

マイナビニュースより

との発表を受けた。

2

 

正直言うとこれはかなりの衝撃ニュースだ、IPS細胞とは多能性幹細胞でありどんな細胞にでもなれる万能細胞だ、これらの細胞のおかげで根本的に治療が不可能な疾病が治癒できる可能性が出来たのだ。これらの細胞は白血病治療に応用できるという。

筆者も一時期難聴を患った時期があり、IPS細胞で将来的に治癒できるかもしれないと知った時は衝撃的だった。その後、幸い難聴も治ったが藁にもすがりたかったあの気持ちは忘れることができない。

未だにキメラ問題や癌など対処すべき課題は山積みだが、それでもIPS細胞は今後の医療に期待できる素晴らしい治療法となるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です