FC今治がJFL昇格決定!オーナーは元日本代表監督の岡田武史

全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016決勝ラウンドでヴィアティン三重とFC今治が対戦しFC今治が3-0で勝利。この結果決勝ラウンドを連勝したFC今治が来季のJFL昇格を決めました!
2014年11月にFC今治のオーナーに元日本代表監督の岡田武史さんが就任し周りをあっと驚かせました。

岡田さんは2025年にはJ1で常時優勝争いをするチームにすることを目標に掲げてこれまで頑張ってきました。今後に向けは補強の強化に力を入れたいと思いますと話していて有力な選手の獲得を話されていました。

96958a9f889debebe3e1ebe5e7e2e2e3e2e6e0e2e3e4e2e2e2e2e2e2-dsxmzo9914422001042016000001-pn1-10

今後の具体的な目標はJ3での昇格ということになります。

今季からは元U-17日本代表監督だった吉武博文さんがクラブのメソッド事業本部勤務から指揮官に就任。

岡田さんのオーナー就任からの2年間で見事JFL昇格という結果を残すことに成功しました!
実は岡田さんはチーフ・メソッド・オフィサー(CMO)として鈴鹿戦と三重でベンチに入りしていて吉武監督とともにチームへの指示も行っていました。

来季以降についてはフロントに専念する意向を示していてもう今後は指導者としては引退する可能性が高そうなのでちょっともったいない気もしますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です