果たしてライターは生き残れるか

人工知能が発達している現代では、どんなことでも機械化されることが、
期待される一方で、雇用の問題に深刻な打撃を与えかねないとしています。

例えば、自動運転技術や自動翻訳、ナレータなどがその例です。
また日本の将棋や囲碁なども、機械が勝利するまでに強くなりました。

ディープラーニング(深層学習)という大きな課題を乗り越えることで、
さらに段階を経て成長すると言われています。

c789_hokorigakabuttataipuraita-_tp_v1

さて最も難しいとされる文章を書く技術ですが、文章を書くために、
次のようなステップでアルゴリズムが考えられています。

ステップ1.記事のキーワードを決めて入力する。
ステップ2-1.過去の膨大な記事データの参照
ステップ2-2.現代の膨大な言葉遣いの引用

1の手順から2-1と2-2を交互に繰り返して、記事を作成するようです。
これから生成される日本語の記事が新聞に載っていました。

見てみると、日本語の独特な言葉遣いは正しいように見えても、
文章の脈絡がなかなかつかめない、意味が理解できないといった印象を受けました。

英語の機械翻訳も20年前からもうすぐ出来ると言われながらもまだ完全な翻訳は不可能です。
俗語などもありますから、言葉の壁はまだまだ厚いのだと思います。

そのため人工知能のライターが人間に代わるのはもっと先だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です