深刻な芸能界の薬物汚染!被害続出。

ちょっと衝撃的な話で始まってしまいましたが、昨今こうしたニュースが増えていると感じます。筆者だけでなく、皆さんそう感じているのではないでしょうか。画面上に映る憧れの人達、その人たちが実は薬物に手を染めているとなると、ショックではありますが、様々な状態をクリエートするには本当に必要なことなのでしょうか?

【言動のおかしさはやっぱり薬】
以前話題になった、俳優のOさん。この人も薬物の疑いがありました。現在は復帰されていますが、個性的な俳優とはいえ常軌を逸した言動は「やはりそうだったんだ」という印象を受けました。また、もとプロスポーツ選手も、マスコミ関係者によると以前から疑問が募る言動が多かったとのことです。
筆者の場合、ある映画を見ていて「あれ、この人こんな顔だっけ?」「こんな表情普通にしたりするんだ、意外だなあ」って、何か違和感を覚えたことがありました。そうしたら、なんとその俳優は薬物の疑いがかけられていて、引退騒動まで持ち上がってしまいました。今後の展開が心配です。

k

【薬物汚染の芸能界】
さる筋の情報によると、芸能界の多くは薬漬けだ、といった話を聞いたことがあります。そうでなければ出世できないとまで聞きました。筆者は芸能界に身を置いているわけではないので、憶測の域を出ませんが、どの分野においても当事者でしかわからないことはたくさんありますし、それを外部の人が勝手に解釈したり、印象でもって話を作り上げてしまうことがほとんどです。
しかし、具体的な事件が浮かんだりしているので、汚染がこれ以上深刻にならないように祈りつづけるばかりです。

【まとめ】
誰しも弱い部分を持っているかと思いますが、絶対に薬物に手を出してはいけません。コーヒーのカフェインやたばこのニコチンなども、依存度が強いものです。
正しい知識を身に着けることが一番の対策ですし、世界の希望を作る芸能界にあっては是非ともそうした禍根を断ってほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です