AIが万引きを「0」に!?遂にAIが働く時代に。。

米ネット通販大手アマゾンが、レジを置かないコンビニエンスストア「アマゾンGO」を来年初めに合衆国内でオープンするようです。
省人化ということだそうです。
高性能センサーやAIが働くコンビニ時代の到来ですね。
万引根絶できるかな??


アマゾンといえば米ネット通販大手。
日本でも活発に営業していますね。
そのアマゾンが、レジを置かないコンビニエンスストア「アマゾンGO」を来年初めに合衆国内でオープンすることになりました。
すでに米西部シアトルで、従業員を対象ながら、レジ無し店舗の実験を開始しているそうです。
これがうまくいくと、駅改札、自動改札機すら要らなくなるし、食べ物やさんも食べっぱなしになってしまいます。
でもちょっと、味気ない気もしますよね。
「アマゾンGO」では牛乳等の生鮮食品のほか、パンや、簡単に調理して食べられる食品を販売する予定だそうで、まずは合衆国内で、2000店舗を展開するとか。
来店客は「アマゾンGO」のアプリを起動させたスマホを端末にかざして、自動改札ようの入り口から入店します。
棚から商品を取る
←センサーが検知
←アプリ内の“買い物かご”に入れた形になり
←引き落としはアマゾンに登録したクレジットカードからです。

一度手にとった商品を棚に戻せば、“かご”から自動的に削除されるそうで、また手に取ればまた“かご”に。
これなら万引はぜったいムリだと思います。

まとめ

人の悪知恵は、とどまるところを知りません。
また新しいトラブルが、人や技術を見舞うでしょう。
雇用も減ることが一番厄介だと筆者は考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です