ASKAさん尿検査はお茶!警察は陽性反応で逮捕と全てがデタラメという…

デタラメ過ぎ! 全部がデタラメな茶番劇でした!
不起訴処分で釈放されたASKAさんですが任意で受けた尿検査でなんとお茶を提出したそうです!
ASKAさんは、お茶はダメでしょ…とんでもない方ですね。
警視庁によると、取り調べに対してASKAさんは「あらかじめ用意したお茶を、尿の代わりに採尿カップに入れた」と供述。
しかしさらに不思議なのが、警察はこのあと採取したこの液体を鑑定した結果、陽性反応が出たので逮捕したのです。
なんでも尿検査で立ち会った捜査員はASKAさんの採尿を目視しておらず後ろに立っていたそうです。
その隙をみてASKAさんはお茶を入れたという…。いやこの時点でどうやって手にお茶持ってたんだろうって凄い疑問です。
ASKAさんも警察もなんだかなぁという…。
もはやASKAさんの新曲を勝手に公開した井上公造のところまで仕組まれたステマのように思えてきますよ。


ご存知の方もいるかとは思いますが、不起訴処分というのは警察がするものではなくて、ここからは検察のお仕事なのです。
東京地検によりますと、「被疑者が覚醒剤として任意提出した液体を鑑定した結果、覚醒剤が含まれていたから使用の罪で逮捕・勾留した。捜査の結果、被疑者の尿と立証するのが困難だと判断した」
嫌疑不十分で不起訴処分にしたとのことです。

陽性反応とはいえお茶のため、ASKAさんの尿ではないので立証できないようです。しかし、怪しいことには間違いないので、やはりこれから先のASKAさんがどうなるのかとても気になりますね。
釈放されたことにより、新曲が出るんでしょうかね。このあたりもすごく気になるところです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です