実力以上の力がないと生き残れない20代の実力派女優の背景

20代の実力派女優の背景

芸能界はいつの時代も「実力」が問われているのですが、生き残るためには実力以上の実力がないと生き残れないのです。
オーディションの基準というのは、プロの目からの視点になっていくので、多少の妥協もないのです。
そのオーディションを通過した女優たちの実力の背景には社会的な要素もあるのです。

今の20代の女優が生まれたのは、1990年以降のバブルが崩壊した後なので、日本が最も景気が良かった時期を知らないのです。
親が40代、50代であれば親の世代はバブル時期を多少なりとも知っていますが、今の20代は全く夢のような話しなのです。
バブル期を知らない世代であるので「自分で実力をつけないといけない」という、ハングリー精神も備わっている世代です。
とくに今の20代の女優は、可愛い、きれいだけではなく、歌がプロであったり、演技がプロであったりと、具体的なスキルの基準が高いのです。
オーディションを受ける人は、それなりの実力がある人です。
その実力以上の実力でなけれ残ることはできないのです。実力を身につけるためには、長年の積み重ねも必要ですし、実力を身につけられる環境も必要になっていきます。
今の20代の若手女優の背景には社会的な背景も影響しています。
芸能界で生き残るためには、やはり「実力」がないことには、生き残れない厳しい業界だということです。

芸能界はいつの時代でも厳しい業界なのですが、とくに今の時代は高度な実力が求められています。
実力がなければ入れない業界でもありますが、実力がなければ生き残ることができない業界なのです。
その分、ファンとしては芸能界に大きな期待を持つことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です