女子サッカー皇后杯決勝はINAC神戸と新潟!場所や時間は?

サッカーの第38回皇后杯全日本女子選手権の決勝が2年連続でアルビレックス新潟レディース(新潟L)とINAC神戸レオネッサ(INAC)に決まりました!

2015年の皇后杯優勝はINAC神戸で新潟はその雪辱を期す試合となりそうですね。

これで優勝をすると新潟は初優勝ということになりますから選手たちもかなりそれを意識しているのではないでしょうか?

注目の日時と会場は2016年12月25日に千葉県のフクダ電子アリーナで14時にキックオフすることになっています。


準決勝ではINAC神戸が仙台を延長戦の末に3―1で下して新潟はリーグとリーグカップ2冠の日テレを1―0で破ったとあって勢いは新潟の方にありますね!?

実は新潟はこれまでにも決勝進出は3回もあり4回目の決勝進出となることからカップ戦やトーナメント戦の短期決戦に強いチームなんです。

INACにはエースの京川舞選手がいるのでこの選手をどれだけ封じ込めることが出来るかが試合の一つのポイントとなりそうです。
決勝は中1日となるハードスケジュールということもあり予想ではベンチメンバーが充実している神戸の方が有利と言われていますが…

果たして決勝は二年連続神戸になるのか?それとも新潟が初優勝を飾るのか注目です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です