フィギュアスケート全日本選手権の練習で浅田真央がニアミス

「フィギュアスケート全日本選手権」に女子の浅田真央選手が出場したんですがその女子フリーでの当日の公式練習でほかの選手と衝突しそうになるというニアミスが起きてしまいました。

浅田真央選手はSP8位からの巻き返しを狙っている状態でステップ練習中に大庭雅選手とぶつかりそうになってしまったんです。

巻き返しを図るような状態でしたので自分の練習に集中してしまって周りが見えなくなるいわゆるゾーンのような状態だったのかもしれませんね!?
この時には大庭選手が演技で用いる楽曲が流れている間だったためにマナー的には浅田真央選手が譲らなければならない状況だったんですが…

実はこの前日の練習でも三原舞依選手とぶつかりそうになっていました。

このような状態でしたので浅田真央選手には余裕がなかったのか「フィギュアスケート全日本選手権」のSPでは冒頭でトリプルアクセルに挑みましたが抜けてしまいシングルアクセルになる失敗が出てしまいました。

まだまだ浅田真央選手の復活は難しいと印象付けられた大会となってしまいました。こうなってくるとまた話題になってくるのはいつ現役を引退するかということですね。

それでも浅田真央選手が現役を続けていくことになるのか注目です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です