競馬のラブリーデイが現役引退!今後は種牡馬入り決定

競馬のラブリーデイが現役を引退することがわかりました!ラブリーデイは2015年の宝塚記念と天皇賞でG1で2勝を挙げていました。

今後は北海道日高町にあるブリーダーズ・スタリオンステーションで種牡馬入りすることが決まっています。

 

引退をしてもその人気は衰え知らずですでにシンジケートは即満口なんだとか!種付け料は100万円に設定されるとのことで将来の子供が楽しみですね。

 

ラストランとなった香港Cのレース後には池江調教師が「来年も現役で頑張ってもらう」と現役続行を示唆していたんですが…今回の現役引退は突然の発表となったこともありファンも驚いた様子を見せています。

ラブリーデイは父親がキングカメハメハで母親がポップコーンジャズの血統で生まれました。

5歳の中山金杯で重賞を初制覇するとその年の宝塚記念を6番人気で見事、優勝を飾っています。秋は天皇賞を1番人気で優勝し2014年のJRA最優秀4歳以上牡馬に輝きました!

通算成績は33戦9勝ということで素晴らしい成績を残しています。

シンジケートはさっそく満口になっていて将来が期待されていることがわかりますね!全盛期は去年だっただけに惜しまれながらの引退となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です