2016サッカーJリーグMVPは川崎フロンターレの中村健剛

2016年のJリーグ・アウオーズが開かれてそのMVPに川崎フロンターレに所属の中村健剛選手が選ばれました!中村健剛選手は2016年現在で年齢は36歳になることから歴代最年長での受賞となっています。

これまでは2013年に35歳でMVPを受賞した横浜マリノス所属の中村俊輔選手でした。この時の年齢よりも1歳上での選出となりましたね!

同時に中村健剛選手はベストイレブンに歴代3位タイとなる6度目の選出となっています。

今季の中村健剛選手の成績は31試合に出場し9得点という結果になりました!10月に左股関節を痛めて鹿島アントラーズとのチャンピオンシップ準決勝では惜しくも途中出場となってしまいました。

もしこの試合で万全な状態で中村健剛選手が出場していたら勝っていたかもしれない…と言われる程の存在感を今期は発揮していたんだと思います。

しかし同時に若い選手がJリーグの中で育っていないという問題も皮肉にもこれで証明されてしまいました。これまでのMVPの顔ぶれをみてもベテラン選手が多く選ばれていますし若手選手の奮闘が期待されますね!

またMVPを取った中村健剛選手は日本代表には久しく呼ばれていません。日本代表では年齢が原因で呼ばれないということも証明されてしまいましたね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です