ヤクルトの山田哲人が年俸3億5000万円でサイン!野手で最速記録

ヤクルトの山田哲人内野手が契約更改交渉に臨み1億3000万円増の3億5000万円でサインしました!

日本人選手としては現在は米大リーグのアストロズに在籍している青木宣親選手の3億3000万円を上回り球団史上最高額となっていることから最大級の評価をされたことになりました。

高卒野手で7年目で年俸が3億円を超えるのはオリックス時代のイチロー選手に並ぶ最速で2016年現在で年齢はまだ24歳と非常に若いことからアメリカ大リーグのメジャーからも注目されているようです。


それもそのはずで山田哲人選手は今季打率3割4厘、38本塁打、30盗塁を残していて史上初の2年連続トリプル3を達成しているんです!

来年春のWBC日本代表にも選出されていて今が気力体力共に充実していることがわかります。

山田哲人選手はトリプルスリーの中では「盗塁が一番きつかった」と語っていて他の球団からも徹底マークされていた中でのトリプルスリーなので一年目よりも難しい中での達成だったのではないでしょうか?

しかしチームとしては5位になってしまい悔しさの残る1年となってしまいました。

来季の目標については優勝と3年連続のトリプルスリー達成を挙げていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です