ディファ有明が2018年6月に閉鎖で解体!理由やその後は?

格闘技イベントやコンサートなどの会場として知られている東京江東区にある「ディファ有明」が2018年の6月に閉鎖されることがわかりました!

パンクラス代表の酒井正和さんが公式ブログでパンクラスのホーム会場でもあるディファ有明が2018年6月末でなくなることを発表。それによるとどうやらかなり前から噂はあったようなんです。

今後はパンクラスはホーム会場を探すことになるとのことでまだ未定なようですね!

ディファ有明は2000年7月にオープンしプロレスや格闘技団体の試合会場やライブ会場として使用されていました。18年間使われたことになります。

閉鎖の理由は現在の建物定期賃貸借契約が2018年6月末日に期間が満了していしまうということが理由です。

貸主に期間満了後の再契約をお願いをしたいたようなんですが貸主による会場建物は老朽化が進んでいるため期間満了後に解体し再契約は予定していないとのことで契約が打ち切られたんです。

この背景には2020年に開催される東京オリンピックがあるのではないでしょうか?現在の有明はオリンピック会場を作るという案も出るくらいに土地は余っている状態ですのでもりかしたらディファ有明を解体した後にはそこに新たなオリンピックに向けての施設や会場が建設されるかもしれませんね!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です