箱根駅伝で事故寸前の中神恒也選手「俺が車に轢かれそうになってる動画出回っててワロタ」

先日、箱根駅伝のコースだった都内の国道一号線の交差点で車の規制がされておらず危うく選手が車に跳ねられそうになりました。
【衝撃】 2017年 箱根駅伝であわや接触事故 誘導方法は大丈夫か!?


警視庁は規制にあたった警察官の連携ミスが原因だとして、再発防止に努めると発表されました。

今回の事故が起こりそうになった時間や場所

午後1時半頃、復路10区と呼ばれる場所で神奈川大の選手が日比谷交差点を直進通過しようとしたところ、左側からやってきたワゴン車と事故になりかけたもの。
警視庁交通規制課は、選手の通過に合わせ、手前の通過点にいる警察官が無線で交差点にいる警察官へ連絡をして、断続的に車を止めるようにしていたそうです。
あやうく事故になるところでしたが無事でなによりですね。過去の大会で選手と車が接触する事故は無かったと言われています。
ネットでは警察の不手際や、事故があったら死んでいたかもしれないなど選手の安全を危惧されてます。
さてその選手ですが、神奈川大学の中神恒也選手という方です。
中神選手はツイッターで

笑えるほど無事でよかったです(^o^)

世間と本人の温度がとても感じられる気がしました。
しかし、さすがにこの動画をみた人たちが警察に対して問題提起している中、「ワロタ」はないかと思いますが…。
ちなみにアカウントは何故か削除されているようです。

オマケ
2011年箱根駅伝5区では運営管理車が沿道の応援の人を跳ねるという事故があります。

【2017】箱根駅伝に今年もフリーザ様登場wwwwwwwwwwwwwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です