≪衝撃≫ジョージ・マイケル53歳で死亡・・・。死因は?

英人気歌手で「ワム!」や、ワム!解散後はソロアーティストとしてヒット曲を連発していたジョージ・マイケル氏が英国の自宅で12月25日のクリスマスの日に死去しました。
享年53です。
今年もワム!の「ラストクリスマス」がラジオなどで流れていただけにその死は早すぎる死として衝撃をもって受け止められています。

 

英人気歌手のジョージ・マイケル氏が2016年12月25日に英国の自宅でなくなっていることが明らかとなりました。53歳という若さでした。
そして、ジョージ・マイケル氏の突然の死は誰にも衝撃をもって受け止められていて、ジョージ・マイケル氏の才能を惜しむ声は後を絶ちとません。

しかし、ジョージ・マイケル氏の死を惜しむ声は何も音楽界ぱかりだけの話ではないのです。ジョージ・マイケル氏は生前、人知れず慈善事業への多額の寄付をしていたことが次々と明らかになりつつあります。

例えばチャリティ団体Childlineの創立者は、この数年で、ジョージ・マイケル氏は数百万ポンド(数億円)を寄付していたことを明らかにし、ゲーム番組「Deal Or No Deal」の元エグゼクティヴ・プロデューサーは、出演者の女性が不妊治療で1万5000ポンド(役216万円)が必要だということを聞いたジョージ・マイケル氏は彼女に1万5000万ドルを送ッたことを明かし、また、ジョージ・マイケル氏はホームレスのシェルターでボランティアをしていたことも死後明らかになりました。

才能あふれるメロデイメーカーとしてその死が惜しまれるジョージ・マイケル氏の死は、音楽界は勿論のこと、チャリティ団体の人たちの間でも特に惜しまれていて、その早すぎる死の衝撃はまだまだ収まりそうにありません。
まとめ
才能あふれる英人気歌手のジョージ・マイケル氏の早すぎる死を惜しむ声が絶えません。
エルトン・ジョンやブライアン・メイ、マドンナなどがその早すぎる死に衝撃を覚えてる旨をコメントしていますが、しかし、ジョージ・マイケル氏の死はチャリティ団体からも惜しむ声が届いています。ジョージ・マイケル氏は生前名を伏せて様々な慈善を行っている事が明らかになりつつあります。それにしても早すぎる死でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です