元プロ野球巨人の鈴木尚広の現役引退の真相とは?

元巨人の代走のスペシャリストである鈴木尚広さんと言えば今期の突然の引退発表が話題になりましたよね。クライマックスシリーズの横浜DeNA戦ではまさかの牽制永眠となりそれが原因で引退か?とも言われていたんですが…

鈴木尚広さんの現役選手時代は午前5時に起床し東京ドームに試合開始7時間も前に到着して入念な準備をしてきました!

しかし引退した現在は特に運動はしていないんだそうですよ?

そして食事も一日一食という生活をしているんだそうで久しぶりに見た外見はかなり痩せてしまっているような状態です。

鈴木尚広さんは2016年現在で38歳とかなりのベテランなんですが現在も塁間の秒数はトップということから巨人の高橋監督も来季の戦力として計算していたんですが…

‚W‰ñ–³Ž€‚Q—ہA’J‚Ì‘—‚èƒoƒ“ƒg‚Å‚R—Û‚É‚·‚ׂ荞‚Þ—é–؏®

その引退の理由については引退会見で

「体力、技術は上がっていますが、心が離れていきました。僕の仕事は一発勝負。心、技、体のどれかひとつが欠ければ、もう勝負はできません」

と語っていました。

しかし引退後に行われたインタビューではDNA戦での失敗は直接の引退理由ではなく1年間考えながら感覚がズレてきた感じてきていたんことなんだそうですよ?

自分のことよりもチームのことを考えねばならなくなったときにスペシャリストとして力が落ちてしまったことが最大の理由なのかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です