「発狂」佐川急便の配達員が荷物を叩き付ける。何があったのか。

佐川急便の配達員が、荷物を地面に叩き付けたり、投げつけたりしている動画がYou Tubeに投稿され波紋を呼んでいます。動画は1分35秒と短いものですが、その動画に12月6日午前11月50分頃に撮影したとの説明があります。

その動画にはマンションの前で、佐川急便の配達員らしき男性が、荷物を地面に投げつけたり、蹴飛ばしたり、放り投げたりして、大切な荷物を余りにも手荒に取り扱っている様が撮影されています。

その動画から風が強く吹いていることが解ります。台車に乗せた荷物が次々と放り投げられ、そして、その男性はいらつきながら投げつけた荷物を拾い上げては地面に叩き付けたり蹴飛ばしたりしているのです。

最後は、手荒に扱った荷物を再び台車に乗せて立ち去ったのです。

これに対して佐川急便では間違いなく弊社の社員で配達中の出来事とその動画の内容を認めています。

動画に映っていたその当の配達員は「身勝手な感情でやってしまった」と語り、イライラが募っての行為で現在は反省しているといいます。処分は現在検討中で、会社に出社はしていますが、荷物を取り扱うような仕事には従事しておらず、事務作業をしていると言います。

佐川急便では現在その手荒に扱った荷物の特定を急いでいるのですが、未配達の荷物の記録が残っていないというお粗末ぶりで、また、返送の記録も残っていないといいます。

男性の言葉によれば、荷物の外装には異常は見られなかったといい、「配達は完了している」とみられているそうなのです。

その配達員は今回が初めてともいっていて、それがたまたま撮影されたと言っているのですが、そんなことを信じる人がいるでしょうか。これはこの配達員は日常的に行っていたと考えた方が自然です。

これにより、佐川急便は再発防止に努めているといいますが、果たしてこのような行為がなくなるのかどうかは不明です。

 

まとめ
佐川急便の配達員が荷物を手荒に扱っているところを動画に撮られ、それがYouTubeに投稿されて波紋が広がっています。このような行為が日常的に行われていた可能性が高いので、果たして佐川急便は再発防止の徹底を訴えていますが、どうなるのか不明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です