自称youtuber。ヤマト運輪の作業員まき込んで大暴れ!もちろん逮捕

気軽に見られる動画サイトyoutube。
youtuberという職業があるなかで、
「自分もyoutuberになりたい。」という人も少なくはないと思います。
有名になるためには、目立つことなどをしなければ、自分のことを知ってはもらいません。
しかし、悪い過激な演出で目立ってしまうと残念なことになります。

12月3日。

トラック運転手、長谷川和輝容疑者がヤマト作業員に対し、チェーンソーで脅し、
youtubeに配信していたことで、事件が発生しました。

長谷川容疑者は、
ヤマトの配達員が自分の不在時のときに、荷物を持ち帰ったことが
気にいらなく深夜に営業所に行き、怒鳴ったり、チェーンソーを持ちだすなどの
脅迫をしました。
これにより炎上し、逮捕を自覚したのか
謝罪動画を投稿して職場に退職届けを提出していたそうです。

これによりネットの反応は
「某大物youtuberの真似をしたのかな?」
「人にぶつけなかったところだけまだマシだわ。」
「違う意味で有名になってしまったね・・・」
等の意見が飛び交っています。

youtubeで「チェーンソーネタ」はいろんな人が見てくれると思いますが、
本当に実行してはいけません。
多少の打ち合わせをしてお互いの承認が得られれば、
ある程度おもしろく、配信している側も安全に出来るのではないでしょうか?

 

まとめ
チェーンソーを持ち出し営業所まで行き、怒鳴ったことはいけないことですが、
ネットの反応でもあるように、人を殺さなかっただけまだ良いと思います。
今後長谷川容疑者はどうなるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です