どうしようもない今年の成人式の逮捕や事件まとめ

成人式逮捕道交法

2017年成人式の事件まとめと犯人が運転する異常な車など

成人式でハメを外すがもはや、失笑になってきていますね。
8日、沖縄県では午後2時頃に黒と白のパトカーに似た塗装をした車が停車中の軽自動車に衝突して男性複数が逃走。
成人式パトカー

「やんちゃ」では済まされないこと。
これは「犯罪」だ。
犯人が逮捕されるのは時間の問題だろう。
ぜひ、実名報道すべきである。

8日、大分の新成人の長島大成容疑者が騒音を撒き散らすなどの迷惑運転で逮捕

8日、岐阜県の国道で成人式帰りでガードレールに激突して同上していた短大生が死亡、運転していた会社員の木村鯛を逮捕

8日、沖縄県では屋根を切り取った車を走らせ、整備不良の疑いで道交法違反で逮捕。
成人式逮捕道交法

9日、成人式帰りの自衛官が運転する車が列車に衝突

9日、岡山県では新成人同士が喧嘩をして、とび職が滋賀県の大学生の頭蓋骨を陥没で重傷。大学生はアルコールでかなり酔っていてとび職の腹を殴った所、逆に足をかけて投げ倒したそうです。

9日 大阪堺市で新成人1人殴られ怪我をしたそうです。当時、1000人近くが参加していて、式のあと、一人の男が突然男性にかけよりジャンプして殴りかかったといいます。

10日 長崎の新成人が会社経営者の車を破壊して逮捕。

果たして彼らは人間なのでしょうか…。

成人式に参加する新成人を嘲笑って傍観する大人たち

多くの大人たちは新成人に対して、実際のところ大人として見ておらず、幼稚で無知で今年はどんなバカをやらかすのかと楽しみにしているかと思います。

期待通りそういうバカをやらかしてくれるわけですが(だからニュースになったりYahoo!ニュースでランキング上位になります)、もう少し義務教育の時点で将来乗る車の屋根をぶったぎって乗ったら逮捕されますよだとか、酒を飲むと自制できなくなって喧嘩しますよだとか当然の教育をした方がよいのかもしれませんね。

家庭で教わることだからとか学ぶことだからで片付けると、そもそもその家庭自体がろくでもない環境なんてのは目に見えてるわけですし、そう考えるとまともな教育を彼ら新成人の親世代から叩き直す必要があるのかもしれませんね、蛙の子は蛙といいますから。
つくば市の成人式DQNが大暴れで逮捕

誰も得しない成人式というイベント

さて、もはやあまり意味があるのかわからない成人式、もういらないだろうというのが多くの意見です。
こんな意味のないことをいったいいつ始めたのだろうかといいますと、実は戦後からです。埼玉県で、敗戦で虚脱の状態にあった青年達に明るい希望をもたせ励ますために「青年祭」というのをはじめこれがやがて成人式なりました。
今思えばとんでもない事してくれたなというように思われても仕方ありません。そもそも明るい希望をもたせるのに、いまでは大人としての自覚をする式みたいになってます。もちろん成人式という名目上そうなるのかもしれませんが、このようなものは各自が20歳を迎えたときにすればいいだけだと思いますよね。

兵庫県の明石市の市長も式辞でこう言ってます。「ざわついていて、みなさんの態度はなっていない。式典に多大な税金を使っているが、来年以降の取りやめを考えたくなる」と声を荒らげました。
除夜の鐘、餅つきですら少数のクレーマーで中止になるものです。
税金を使うのならばこういうものから中止にするべきですね。
除夜の鐘は迷惑だと思う?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です