紅白歌合戦による視聴率の低下は激しかった!?下がる原因について徹底解説!

以前は大晦日は紅白歌合戦を視聴して、除夜の鐘が鳴るのを待つというのが、大晦日の習慣でありましたが、今や紅白歌合戦を視聴する人は半分になっています。

 

紅白歌合戦の最高視聴率は80%を越えていましたが、今や40%前後の視聴率なっています。
芸能人にとっては、紅白歌合戦に出れるか、出れないかは大きな差があり、紅白歌合戦を目指して努力をしていると言っても、過言ではありません。
紅白歌合戦はそれだけ憧れの場でもあるし、芸能活動の総本山くらいに祭り上げられていました。
紅白歌合戦の視聴率の変化は、国民のテレビ離れを象徴しています。
普段テレビを観ない人でも、大晦日に紅白歌合戦を観るという習慣ができていたのですが、今はその習慣も崩れています。
ただそれでも、単純計算で国民の4割の人は観ているということなので、テレビ業界としてもまだまだ捨てたもんじゃないと思われます。
紅白歌合戦をテレビで観ている人は少なくなりましたが、YouTubeでアップされた紅白歌合戦の再生回数は多いので、未だに紅白歌合戦は注目されているということでもあります。
視聴率は変化していますが、多くの国民がインターネットを通して注目しているということでもあります。
やはり紅白歌合戦の人気は衰えていないのです。

 

まとめ

未だにテレビで直接紅白歌合戦を視聴する人は、心からのファンでもあるし、長年の大晦日の習慣が身についている人になります。テレビだけの視聴率だけでは、判断ができない視聴率があるので、これからも紅白歌合戦は注目される大晦日のイベントになることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です