超小型宇宙ロケット「SS-520」4号機が鹿児島県内之浦から打ち上げ

2017年に超小型宇宙ロケット「SS-520 4号機」が1月11日午前8時48分に鹿児島県の内之浦から打ち上げられる予定です。

このロケットは「世界最小宇宙ロケット」と言われていてとても高い評価を受けています。

このロケットの名前であるSS-520はS-520とはSの数がひとつ違うということでSS-520はS-520に第2段を追加した2段式のロケットという意味なんだそうです。

このロケットは宇宙空間までは行くんですが人工衛星にならずに落下してきます。

その為にSS-520では人工衛星を打ち上げられないと言われていたんですが…見事、人工衛星にすることに成功していますね~

このロケットの開発に携わった羽生准教授は自分でそのことが出来ることを各所に自分で出向いて説明に回ってやっとの思いで経済産業省の補助金を獲得してロケット開発にこぎつけたんです!

今回のSS-520 4号機もあくまで実験であって宇宙ロケットとしてデビューするというわけではないんですが世界中から大きな注目を集めています。

これが現実的になれば費用も大幅に削減出来て大きな効果を上げることが出来ます。これによってまたしても日本の高い技術が世界中にアピールできたと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です