「高橋真梨子が有村架純に激怒した」文春の記事に激怒して名誉毀損で訴えることに

高橋真梨子激怒

高橋真梨子さんが11日発売の週刊文春に「紅白歌合戦紅組司会者有村架純に怒った」という報道に激怒して名誉毀損で訴えることになりました。
週刊文春の記事では、高橋真梨子のメッセージを有村架純が代読したのですが、リハーサルがなかったのか棒読みだったため、不満を抱いて怒ったと報じました。

事務所HPに掲載された文。

「このたび、掲載されました内容は全くの事実無根であり、所属事務所の返答もないまま発表されたものです。
これまで好意にさせていただいていた週刊文春様の今回のような行為は、高橋真梨子本人含め、スタッフ全員が遺憾の思いでございます。
今後、名誉毀損(きそん)の訴えを起こす予定でおります。
なお有村架純さまの所属事務所には早々にご報告申し上げ、ご納得いただいております。
株式会社ザ・ミュージックス」

所属事務所の社長を務める高橋真梨子の夫であるヘンリー広瀬氏は日刊スポーツの取材でこのように述べられてます。
「起こることなんてことはなく感謝しているだけです。人間性を疑われ兼ねないことで見過ごせない。有村さんにも失礼」と話すが、文春は記事に自信を持っていると話してます。

高橋真梨子がそんな小さな事で激怒する?
それより、紅白もちょっと司会を考えた方がいい。
あんな若い子にさせてはダメと思う。

事実よりオーバーに報道するのやめてほしい。
その自信はどこからきてるの?

怒ったという証明ができない限り本人が否定したら事実無根だろう

など、事実かどうかわからないことにたいしてオーバーに報道することを良しと思っていない意見が多く見られました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です