元講談社編集者逮捕?アニメ「進撃の巨人」との関係とは?

講談社「モーニング」編集部編集次長の朴鐘顕容疑者(41)が、妻を自宅で殺害したとして逮捕された。

また、この事件が取り上げられた当初は、人気マンガ「進撃の巨人」を世に送り出した人物との報道があり、さらに注目を集めたが、「モーニング」の宍倉立哉編集長がこの報道に関して一部誤りであるとのコメントを発表した。

宍倉編集長によると「『進撃の巨人』の立ち上げ担当とありますが、これは事実ではありません。本人が『進撃の巨人』を担当したことはなく、正確には『掲載誌の創刊スタッフ』であったことをお知らせいたします」と指摘した。

人気マンガ「進撃の巨人」の名前が取り上げられた事もあり、特に「進撃の巨人」ファンには衝撃だったようだが、この事実は誤りであったことが明らかになった。

進撃の立ち上げ担当と、別冊少年マガジンの創刊スタッフは、なぜこのような報道になったのか疑問だ、などと真相解明を願っているという。また、朴鐘顕容疑者は妻殺害の事実を否定しており、事件解決には時間がかかりそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です