工藤公康監督が3年の新契約!福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の福岡ソフトバンクホークスは現在の監督である工藤公康監督と契約を更新したことを発表しました!今季で3年契約の3年目となっていたんですが今回の新契約でさらに3年契約を結んだことから2019年まで指揮を執ることが決まりました。

工藤監督は長期で安定した成績が残せるように頑張りたいとコメントしていて今後の長期政権への期待も高まっています。

キャンプでは新シーズンに向けてのスローガンを「1(ワン)ダホー!」と発表していてリーグ優勝しての日本一奪回を目指すことになります。

工藤監督のこれまでの実績は2015年に秋山幸二前監督からチームを引き継いで就任1年目でいきなり日本一を達成。その後は2年目もリーグ2位と好成績を収めていました。

昨季はリーグ2位で日本シリーズ出場も逃してしまいましたが83勝を挙げていて球団としてもノルマは達成したと評価しての新契約だったのかもしれません。

監督としては4年目を迎えそろそろ中堅という立場になっていますが今後、名将の階段を駆け上がっていくことにもなるんでしょうか?

松坂大輔投手への処遇や復活も注目されますが、まずはキャンプインに入り来季へのチーム作りが注目されます!リーグ2位以上が今後のノルマとなりそうですがそれだけ工藤監督の期待も大きいと言えると思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です