「遂にあの人」日本一の富豪の入れ替わり

過去2年間の日本一の富豪は、ファーストリテイリングの柳井正会長でした。

その柳井会長から、日本一の富豪はソフトバンクの孫正義社長に入れ替わりました。孫社長は昨年(2016年)12月に米国の次期大統領のトランプ氏と会談し、投資の発表をすることで、日本と米国の両国で注目され、株価も上昇しています。

 

2016年は孫社長にとっては、時代を変えるような投資をしたり、未来に備えるための準備をした1年でした。大きな投資として、英国の「ARM」の買収が世界を揺るがした話題になりました。ARMは今後のIOT時代に備えるために買収されました。日本円で約3兆3000億円という、過去の買収金額では考えられない金額に注目されています。

ARMの1年の現利益は300億円と言われています。単純計算で、買収金額を回収するのに110年かかるという計算なので、常識では考えられない買収なのです。そのような思い切った投資をする孫社長には、未来を読める天性を感じることができます。

そのような投資をすることで、世界中が注目するソフトバンクになり、孫社長になって、米国次期大統領のトランプ氏との会談にまで発展したと思われます。孫社長のビジョンというのは、数百年先を見ながらのビジョンを立てています。移り変わる時代を見通して、今の時代のタイミングに投資をする孫社長の魅力に多くの人が影響を受けています。

 

日本一の富豪が入れ替わることで、新しい時代の幕開けを感じます。孫社長の富豪も注目されていますが、何よりも未来を見越して投資される孫社長に、多くの人が注目をしているのです。時代を変える明確なビジョンを持っている孫社長に、大きな期待がされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です