LINE広告好調!! 赤字?それとも黒字?上場後初の決算

2016年12月期決算は、広告収入が好調で、純損益が75億円の黒字(前年は75億円の赤字)へ転換となった。

広告収入急激に伸びた為、売上高は前年比16・9%増の1407億円、営業利益は前年の約10倍の198億円!黒字です。

昨年7月に東京証券取引所第1部に上場後初めての通期決算で黒字を確保。出沢剛社長は「今後もすべてのサービスに大きな成長余地がある為活気的なサービスを伸ばしていきたい」と伝えました。

今後は、ゲームは勿論のことコンテンツには力を入れていくと思われますが、一番気になるのはAIエンジンと有人チャットを組み合わせたカスタマーサポートサービスも進める予定との事です、AI(人口知能)はこれからの日本を支える仕組みなので、最先端を走るLINEにはこれからも期待をし、さらに営業黒字をめざしてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です