清水良太郎&遠藤要の闇カジノ出入り写真はこちら!

闇カジノ清水良太郎と遠藤要写真

http://yagoolab.jp/2017/04/13/shimizu_ryotaro/

闇カジノで撮影された姿

先日、フライデーの報道で事実を認め謹慎となった清水良太郎遠藤要
本日発売のフライデーでは闇カジノから出て来る正面の姿をバッチリと撮影!
闇カジノ清水良太郎と遠藤要写真
写真の場所は東京池袋。雑居ビルの前で撮られたもののようです。
1月下旬にこの闇カジノに出入りしているのを撮影されたとのこと。

闇カジノの常連ぽいとの証言があり

闇カジノの中で彼らを見かけたA氏によりますと。
現金をチップに替える手つきなども慣れて、1日で100万近く賭けていたらしいです。

本日発売のフライデーの記事によりますと

「彼らは店に入ってくるなり、慣れた様子でバカラ台に向かいました。スムーズに入店していたところを見ても、すでに会員だったんでしょう。現金をチップに替える手つきもこなれていたし、よっぽどの常連だなと感じました。二人は席に座ってしばらくは少額を賭けていましたが、1時間が過ぎたころから大きく張るようになっていきました。二人はこの日だけで100万円近くカネをつぎ込んだんじゃないでしょうか。遠藤のほうが先輩格のようで、清水は『アニキ、(バンカーとプレイヤー)どっちに張ればイイっすかね』と話しかけていました」

遠藤要は暴走族でDQN人生だった

清水良太郎は遠藤のことを「アニキ」と呼ぶほど親しい間柄のようですね。

そんな清水良太郎がアニキと呼ぶ遠藤要とはどのような人物なのでしょうか。
遠藤要は、ROOKIES、クローズなどの不良役や悪役で出演している人気の俳優です。
遠藤要は中学生のときに両親な離婚して母子家庭になり、18歳のときに母親がなくなりました。
その後、遠藤要は地元の暴走族に入って喧嘩などをするDQN生活になります。
翌年、芝居に興味を持つようになって、東京へ上京。その後、お金が無いながらも生活をやりくりしながら演技を学んで、NHKの連続テレビ小説てっぱん」の欽にい役として出演し、知名度が上がりました。

なお、フライデーでは、闇カジノでバカラ遊びに興じる二人の現場写真もあるので本誌を一度みてみると衝撃かもしれませんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です