飲酒で小中学生バイク三人乗り事故 沖縄県恩納村

沖縄県飲酒事故小学生顔写真?

小学生がバイクを飲酒運転

沖縄県恩納村で小中学生バイク事故で永眠亡した事件は飲酒運転だったようです。
国道58号線で12日に小中学生男女が3人乗りしたバイクが転倒。
那覇市の男性中学生15歳が急逝した事故です。

飲酒をしていたのはなんと男子児童12歳でした。
運転で永眠亡したのは那覇市の男子中学生徒ですが、名前はまだわかりません。
この中学生は飲酒をしていません。またもう一人の少女からもアルコールは検出されていないことです。

飲酒小学生の家族名義と判明

警察の調べによりますと、バイクはこの児童の家族名義のものでした。
車だと飲酒運転に車を貸して何かあった持ち主の責任ですので、この場合はきっと親が悪いですね。
鍵を壊したりして乗っていたりすればまた話は別ですけれども。

小中学生は11日バイクに三人乗りして那覇市から名護市へ向かっていたそうです。
そして那覇市へ戻る途中で転倒したようです。転倒原因は不明。
警察は二人の供述のほか、経路、防犯カメラなどを解析して運転手を特定したようです。
なお、男子児童は刑事責任能力のない児童相談所へ送られたようです。
刑事責任能力無しとのことです。

とんでもない小学生に対するツイッター反応

いかがでしたでしょうか。
とんでもない小学生ではないでしょうか?
お酒を飲んでバイクを運転して事故を起こして、本人もとんでもない子どもですが、親もとんでもない教育をしていることにきっと驚きの方も多いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です