千葉女児殺害事件でドライブレコーダー映像から犯人は判明した?特定した?

千葉女児殺人犯人特定? (2)

我孫子市の草むらでベトナム国籍の小学校3年生の9歳の女児、レェ・ティ・ニャット・リンさんが殺害された事件で、警察はドライブレコーダーの映像に女児へ話しかける映像が映っていたと、捜査関係者の取材で判明しているようです。
“女児”のすぐ後で・・・ドライブレコーダーに不審人物

女児殺害事件でドライブレコーダー映像に犯人らしき人物が映る

女児賊害事件ドライブレコーダー映像
レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)女児が殺害された事件で警察は3月24日朝の通学路周辺を通過した車の所有車らから提供してもらうことができました。そこのドライブレコーダー映像には警察によりますと、。リンさんと見られる子どもの姿がどの映像からもp確認されています。
そしてリンさんの後ろの人物が子どもに話しかけるような映像もあったとのことです。
現在、体格などから判明しているのは成人男性とのことです。
映像は不鮮明とのことで、現在解析して特定をしようとしています。

リンさんの所有物ですが、普段かrランドセルに防犯ブザーを付けていたようです。
しかし、事件のあった3月24日に通学路で防犯ブザーの音を聞いた人はまだいないようです。
警察によりますと、いまのところ、リンさんは事件に急に巻き込まれた可能性があるとされています。

また、リンさんの永眠因ですが、首を絞められて窒息永眠した可能性があるとされています。
凶器となったものはタオルやベルトだと言われています。
これは、首に数センチの幅があるもので締められていた痕があったためです。そのため紐などではないとされています。

女児賊害事件で犯人は判明?特定?

千葉女児賊害犯人特定?
今愛の事件は、リンさんの仏さんが見つかった現場と所持品がみつかった場所がいずれも千葉県や茨城県の利根川沿いにあるという共通点わかりました。
警察はリンさんの自宅近辺や土地勘のある者が事件に関わっている可能性もあるとみて、不審な人物や車などの特定に急いでいるようです。
防犯カメラやNシステムの画像を解析しているようです。
この現場はいずれも地元の人間以外はほとんど立ち入ることがない場所のようです。
さらに防犯カメラが設置されていない農道を使ったなどども言われています。
仏さん現場にはタイヤ痕が複数あり、そこからも警察は特定を急いでいるようです。
所有物についても、指紋や皮膚片などが付着していないか調査しているようです。

以上のことからすこしずつ色々なことが判明して犯人を特定することへ近づいているように思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です