ヤマトが自動運転で配達する「ロボネコヤマト」の実証実験開始されます

ロボネコヤマト車画像

ヤマト自動運転「ロボネコヤマト」実証実験

ヤマトとDeNAは自動運転で荷物を届ける「ロボネコヤマト」の実証実験を4月17日より神奈川県藤沢市の一部エリアで始めることになりました。

 
これはドライバー不足や再配達問題を解消するのが目的です。

実施期間は4月17日から2018年3月31日行います。

 
かなりロングでされるようですね。

さてどこのエリアでやるのかといいますとこちらです

 

ロボネコヤマトのエリア

藤沢市の鵠沼海岸1~7丁目
鵠沼海岸はこのあたりですね

辻堂東海岸1~4丁目
辻堂東海岸このあたりですね

本鵠沼1~5丁目
本鵠沼このあたりですね

なんと対象エリアは約3万人です。

ロボネコヤマトとはどのような実験なのか?

ロボネコヤマト車内
この実験は電気自動車を3台使用します。

 

実験では、ドライバーによる有人運転となりますが、将来的には完全自動運転を目指します。

 
また、顧客自身が荷物を車両から取り出すことを想定しています。

 
ドライバーが荷物を受け渡しをすることはありません。

また新しい荷物の受け取り方を検証するサービスが始まります。

 
一つは配達時刻が10分刻みをするオンデマンド配送サービス。

 
これは対象エリアであれば、最寄り駅、会社などからでも受け取ることができるようになっています。

 
冷凍などにも対応しているようで、到着3分前にスマホで音声通知されるようになっています。

 
すごい進歩ですね。

 
なお対応時間は決まっていて、8時から21時までとなっています。

 
総額が3000円未満なら324円かかりますが、3000円以上だと送料は無料とのことです。

 

 

なお、今回のこの計画については、内閣府副大臣、国土交通大臣政務官、衆議院議員、神奈川県知事、藤沢市長、藤沢市商店会連合会 理事長など沢山の方が発表会に参加しており、大変大規模なプロジェクトに位置づけられているようです。

 

 

今回の実証実験によって利用者からの要望を集めるようです。そして18年をめどに一部の区間では自動運転になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です