奈良県生駒市立大瀬中学校でハンドボール部の男子顧問が給水させず生徒亡くなる

生駒市立大瀬中学校

生駒市立大瀬中のハンドボール部の男子生徒が熱中症で亡くなる

奈良県生駒市立大瀬中ハンドボール部で男性顧問が給水をさせずに熱中症で生徒を亡くならせるという事故があったようです。

この事件は昨年8月に1年生の男子生徒が所属するハンドボール部を練習していたときに、適切な給水時間を確保されていなかったようです。
報告書には適切な給水時間が確保されず、気象条件が把握されていなかった」と指摘されています。
報告書は、24日外部調査委員会が作成した「事故調査結果報告書」です。

この委員会は、医師や弁護士など5名からなるもので、去年の11月から合計12回も関係者へ聞き取り調査を行ってきたものです。

大瀬中の事故を受けて、事故調査結果報告書

この報告書によりますと、事故当日男性顧問が練習前に、生徒の体調確認や気温などを把握していないため、通常の30分間より5分から10分も長く水を与えずにランニングさせたようです。

生徒よりますと、給水は禁止されていなかったけど、飲める雰囲気ではなかったらしです。
なんだかかなりブラックな部活ではないでしょうか?

生徒が自ら休憩を申し出やすい環境が構築されていなかったようです。

教育委員長は、安心安全であるべき学校であってはならない事故だと言っています。
再発防止を実施したいようです。

再発防止方法も決まったようです。
生徒それぞれの体力に応じた練習計画。
練習する場所の暑さの指数を観測するようです。
指導者と生徒の信頼関係構築。
安全対策の定期的な点検をするようです。

生駒市立大瀬中はどこにあるのか

googleで検索するとこのような場所のようでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です