厚木市建徳寺住職多田弘隆が母親に灯油かけ火をつけ殺人未遂逮捕!顔写真は?

建徳寺多田事件

建徳寺住職多田弘隆が母親を殺害しようとして逮捕!

建徳寺の住職多田弘隆が殺人未遂の容疑で逮捕されました。
職4月3日午後に神奈川県厚木市にある寺の住職多田弘隆が自分の母親に灯油をかけ火をつけて殺害しようとして逮捕されるという信じられない事件が起こりました。

時間は午後0時半頃のようです。自宅が寺と隣接していて、ここで母親と同居していたようです。
母親は83歳です。
母親は全身をヤケドする重傷になっているようです。
容疑者はどうしてこのようなことをしたのかといいますと、母親と口論になって脅かそうとしたようです。
そのため、殺意に関しては否認しています。ところが、火をつけていることは認めています。
火をつけるということは殺すことと同じ意味ですからね。寺の住職のような高尚な方ならすぐにおわかりになるかと思いますが、どうなっているのでしょうかね。
容疑者は自分の母親に灯油をかけて、マッチで火を付けて殺害しようとした疑いで逮捕されています。

建徳寺というお寺だと特定されています

こちらが事件となったお寺の入り口ですね。

建徳寺はどんなお寺?

ネットでしらべたところ、結構由緒あるお寺のようですね。
google mapでの評価も2人ではありますが、たいへん高く、本間という姓の発祥地だと言われているようですね。
それによりますと、もとは八王子を本拠にする武蔵武士団横山党の分家で誕生した海老名氏。さらにそこからの分家で相続した領地依知郷本間邑という土地の名を名字として本間と名乗るようになったようで、累代の墓があるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です