愛媛県今治市の殺人事件容疑で自殺した女のDNAが一致でほぼ殺人容疑で確定!?

今治市越智サツキさん殺人事件犯人のDNA一致

越智さん殺人事件
この事件は5月3日に、今治市内にある市営団地に住んでいる岡本ユキヱさんが、刃物で殺害され、同居していた長男の久行さんを切りつけ、さらに近所で、越智サツキさんも殺害した疑いがあるとして、任意で聴取していた30代の女がその翌日自殺していたという事件です。

一週間の間で2人の高齢女性が殺害されたことで大変話題になり、さらに任意調べていた女性が自殺したことからさらに話題になっていましたね。

死亡した女性の名前はまだ判明していません。
この容疑者の遺書のは「私は殺していない」と書かれていた遺書がありました。
26日に起こった越智サツキさんの殺された事件現場から採取されていたDNAですが、なんとこの自殺した女のDNAと一致したようです。
このことから警察はこの女が殺した可能性が高いとして捜査しているようです。

越智さんの背中にも切り傷があることが判明

1週間前の女性の背中に切り傷 警察判断に問題は?

ちなみにまだ岡本さんのDNAが一致したという報道はされてませんね。

とりあえず、現場から出てきたDNAがこの自殺した女のものと一致しているのならほぼ確定ですよね。
越智さん殺人事件

越智さん殺人事件

今回の自殺した女に対する意見はこちら

被害者一人は 重傷負ったものの生きてるし 犯人の顔も見てるから 話は早い。

この30歳代の女性の日頃の行いはどのようなものだったのだろう。

重症のもう一人の被害者は加害者の顔を見ているとの報道であったが、
その点はどのようになっているのか。

DNAはウソはつかない、やっぱり殺ったのだろうな

無事に事件が解決するといいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です