白男川亜弥23才がノンアルコールビール追突事件!Facebook特定!顔写真や住所は?

白男川亜弥がノンアルコールビール15本飲んでワンボックスカーへ追突

5月10日の未明のことです。白男川亜弥という23歳の女は、供述によりますとお店で友人とノンアルコールビールをなんと15本飲んでいたようです。

白男川は福岡市博多区で軽自動車を運転して、途中対向車にはみ出しました。
そして、男性と4歳の娘が乗っているワンボックスカーへ追突しました。
幸いにも、2人の命には別状がないことが判明しています。よかったですね。

白男川の運転していた車は横転しました。
この事故を受けて警察が駆けつけて、この白男川からはなんと基準値の4倍近いアルコールが検出されたようです。
これによって、酒気帯び運転の容疑で現行犯逮捕となりました。

白男川亜弥23才の顔写真、Facebook、住所等は?

  • 名前:白男川亜弥
  • 年齢:23才
  • 福岡県 福岡市在住
  • 独身
  • 福岡県 福岡市出身

こちらが容疑者がインターネット上で公開している自身の情報や顔写真などです。

Facebook

アルコールを含むノンアルコールビールのアルコール濃度は実際には1%未満ですが、1%と仮定しましょう。普通のビールのアルコール濃度を4%とします。この場合、ノンアルコールビール4缶は、普通のビール1缶分という計算になります。言い換えるとノンアルコールビール1缶は普通のビール1/4缶ということになります。

お酒の強さは人それぞれ。コップ1/4程度のお酒でも酔ってしまう人がいるように、ノンアルコールビールなら絶対に酔わないというわけではないのです。最近の CMで0.00%などと謳っている商品があるのは、一言にノンアルコールビールと言っても、0.9%の製品とは違うということを訴求するためでしょう。
https://allabout.co.jp/gm/gc/301641/

ノンアルコールだったとしても、結局は微量に入ってますからね。仮に15本のんだとすれば、1%未満でも限りなく0.9%ならば≒1%であるとすれば、4本で通常の1本、8本で2本、12本で3本
、15本で3.75本ですね。

アルコールは、飲むと胃で全体の4分の1程度が吸収され、残りは小腸で吸収され血液に入ることで全身に行き渡ります。これは体の状況によっても異なり、例えば胃の中に食べ物がある状態だと吸収が遅くなります。


胃や小腸などの消化管から吸収されたアルコールが、血中にいる状態での濃度のことを「アルコール血中濃度」といいます。

このアルコール血中濃度は、以下の計算式で算出されます。
血中アルコール濃度(%)=(飲酒の量×アルコール度数)÷833×体重

なお計算式にある「833」は、係数ですが複雑になるのでここでは解説は省きます。
例えば、体重70kgの方がアルコール度数5%の缶ビール一本(350ml)を飲んだときのアルコール血中濃度は、(350×5)÷833×70=0.03%となります。

そして、計算した血中濃度は酔いの程度と深い関係があり、以下の様に酔いの程度が判定されます。
http://www.kuruma-sateim.com/driving-infraction/alcohol-015mg/

まあどうあれ、仮にもノンアルコール15本でも、0ではないのですから飲み過ぎはだめですね。

4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です