仙台市の50代体罰教師が他の生徒に体罰、名前は生駒洋一と特定済

体罰教師

仙台市の教師が他の生徒も体罰していることが判明

先月の26日に仙台市立中学校の2年生男子が自殺した事件で、ここの学校の教師2人が体罰という暴行をしていた問題で、自殺の前日の授業中に生徒の後頭部を殴った50代の男性教師ですが、なんとこの生徒以外でも頭を殴るという暴行を加えていたことが明らかになりました。

市長は議会でご遺族に重ねてお詫びを申し上げると謝罪しました。

また、市長や教育委員会長らは、東京にある文部科学省へゆき、義家弘介副文科相と面談したようです。
市長は謝罪をしました。
前回は、生徒を暴行していた同校の教師2人が自殺後に、教育委員会の聞き取り調査で体罰を報告していないことが話題になりましたね。

いじめ事件で教師が生徒の頭を殴ることが判明

市教育委員会や学校がこのことについて、把握できていなかったことについて、隠蔽という指摘を逃れないという方向になっているようです。

また、一部の教師たちのからかいやイジメを助長させたと言っても過言ではないと批判されています。

学校の先生がイジメを助長するなんてホントありえないですよね。私としてはこのようなイジメをした先生こそ謝罪の場にでてきてすべてを話すべきだと思いますし、おそらくほとんどの方がそう思っているのではないでしょうか。
これではまるでイジメをしていた先生が逃げているようですよね。
実際逃げているように思えますが。
しかも、自殺した生徒だけではなく、他の生徒も暴行を受けていたということがニュースになっていますよね。
これは徐々に多くの生徒たちがこの教師から暴行を受けたと、正直に話し出すのではないでしょうか。
この手でよくあるのが、自分が学生のころは良く教師に殴られたという謎の言い訳ですよね。
自分が殴られたから殴って良いわけがありませんよね。

体罰教師は生駒洋一と判明

問題の教師の名前は他の学校関係者などのリストで生駒洋一 古川弘美と特定済み

50代ガムテープ女教師 古川弘美と50代前日体罰女子バレー顧問
生駒洋一もかなり酷いが、、

教頭 前田弘毅(ひろき)は去年の手首骨折事件の隠蔽教頭であり4月からの校長高倉祐一に報告してなかったんだろ?前田弘毅は元八木山中学教頭でその時に館イジメ加害者親八木山中学教師 鳴嶋勝也がいた!
八木山中学は折立イジメ隠蔽教頭と館イジメ自殺加害者親教師鳴嶋と二人のイジメ加害者教師を出したことになる!

田中亨は教育委に全部はなしましたよ!だってさ
とんだ主犯校長である!
田中亨の桜丘中のプログ、見るに耐えられない
誰か田中亨の口にガムテープを!

学校側は、担任は
・机に油性ペンで「死ね」と落書き
・男子生徒が同級生から「臭い」
 を連想させる動物名などの悪口
・「人間以下」との発言
・同級生から「ズボン」を下げられ
 周囲から冷やかされる
・「物」を投げる、「無視」する
・足を掛けて転倒、左手首を「骨折」する大けが

といった
いじめがあったことを把握し放置、隠ぺい

男子生徒が先生に相談をしても
加害者の言い分が優先され
お前に問題がある・お前が悪い
扱いをされたという

放置された生徒によるいじめ

古川弘美 ← ガムテープ体罰

・体罰に当たるという認識はあったが、授業の妨げになる行為を注意するためだった

生駒洋一 ← げんこつ・殴る体罰、他生徒にも日常的に実施

・保護者から通報があるまで体罰を学校に報告しなかったことについて、

寝ている生徒を起こそうとしたもので管理職に報告するほどのことではない

ソース元のこちらでもくわしくイジメの事件について書かれています。
http://www.tensyoku-shiawase.com/article/450038970.html

3 件のコメント

  • 〇駒先生は昔、別の中学校で姉弟共々お世話になったけれど…今回の連絡が回ってきてびっくりした。
    私は授業で弟は球技な部活で〇駒先生には受け持ってもらってました。

    まぁ、今回は何と言えばいいのかわからないけれど良くも悪くも〇駒先生は私の印象だと熱血漢?というか騒がしいイメージはないけど熱心・情熱に溢れた大きなクマさんみたいな人…。受け持ったらしっかり(導かなくては)しなくては的な?弟の部活の話をなんとなく聞いていた印象ではスイッチ入るとちょっと怖そうなイメージ。相手方の受け取り方次第では「ちょっとキツいかなぁ…」となりそう。暴力的な人ではなかった気がするけどね。

    確かに輝かしい未来のあったであろう生徒の死は本当に惜しまれて当然ですが、当人に何も思い当たる節はないですか?全くないということはないでしょう…私も幼稚園時からもう長いこと、もちろん今でも不遇な目に合ってきましたが自身の当時を思い返すと落ち度は間違いなく少なからずありました。そして20を越えてからADHDと医者から言われ今頃と思いつつも、同時にあちゃーとも思いました。そりゃそうだわ!…とね。ADHDだけがすべての理由ではないでしょう。良くも悪くも浮いていたし唯我独尊だったし口は悪いのに大人しかったり、バカだねぇ(笑)
    傷付きに傷付き耐え抜いたもういない人に言ってもあれですけども、子供は素直なぶん残酷です。ですが自身を映す鏡でもあります。些細なことでも違いを目敏く見つけ集団からあぶり出し弾き出そうと躍起になります。せっかく見つけた武器(イジめ材料)を振るいたくて仕方ありません。まぁ!大人もあまり変わりませんが。どちらにしても人生気付くのは後々になってからですが何かしら他の子たちから見たら気になる点があったのかもしれません、同じ様な境遇にある人はそれから目を反らさず受け止めましょう。そして時には苦く痛みを伴いますが自分から自身を変革する勇気も努力も必要です。周りから見たらどんなに脇役であろうと未来へ行くには間違いなく、どんな人でもどんなDQNでもそれはみんな一緒です。仕方ない事なのだよ。

    だだ、だからといってイジめて、挙げ句の果て未来を奪って良い理由にはなり得ません。それこそゲスの極みです。一番の加害者は私は間違いなくイジめていた他生徒であろうと思う。

    もちろん先生もそこから助け出してやらねばならない存在であるはずなのにとも思う。先生二人はたぶん亡くなった生徒の負の心情に少なからず拍車をかけたような気がする。痛いとか苦しいとか人それぞれ許容範囲・感じ方や口への出し方は違うわけだし限界突破しちゃったんだろうなと。
    だってどう考えたって他人からも自分の中でも自分の尊厳なんてどこにも感じられないギリギリの生活のなかでこんなことを近くの大人からされたら絶望するよ。(でもたくさんの時間を色々な先生と関わってきたから言えるけど「俺、忙しいんだよなぁ」と言って見てみぬフリで、何かして欲しい事があるなら自分からアピールしなさいと言いながら何故か一人ぼっちの私と毎日給食を食べてくれた人も、面白がってなんだか知らんが一緒になってイジってくる人も、相談事しても時計ばかりチラチラ見て目も合わせてくれなかった…でも最後まで付き合ってくれた言葉足らずで不器用な人も、自分の仕事時間を割いてまで一対一で授業してくれ最後最後まで見守ってくれた人も、両親より両親役をしてくれてチャンスに一歩踏み出す勇気をくれた人も、変に意固地で偏屈な大人が多かったけど真っ先に震災の時守ってくれた体育教師たちも良くも悪くもみんな先生でした。そこで大人との付き合い方を知りました。子供も大人もどちらも良いところ悪いところ幼いところがありました。

    だから今回の先生たちも理由はどうあれちゃんと振り返って反省すべきだね。もちろん親御さんも足りなかった気がするけどね。私の場合は一番必要な時に親が一番頼りなかった、今でもトラウマで不信感の塊。

    論点がブレブレでごめんなさい。頼むからこの生徒に関わったことのある人たちは傍観者も含め他人事にした結果こういう結末に至ってしまったのだから、これ以上擦り付け合う様な真似はしないでほしい。古〇先生はたぶん知らない先生だから変に触れないでいくけども、熱心・精神論だけじゃ世の中どうにもならないのよ。誰しも一つや二つの欠落欠陥を持ってて当たり前、自分と同じ生き物なんていないのよ。P.S.確かに宮城は陰湿どころか湿気でジメジメな田舎だしマジクソだなと思うところが多々あるけれど悪い人ばかりじゃないよ…たぶん。

    • ずいぶんと異常な長文ですが、生駒洋一の関係者ですか?生駒洋一本人ですか?
      いじめられてもしかたがない、というなら、世間がこれから生駒洋一をいじめ続けるのも仕方無いですね。我々生駒洋一をいじめる人間も完璧ではありません。欠点のひとつやふたつあるから、生駒洋一をいじめるのも仕方無いんです。ところで、生駒洋一の住所を知りませんか?灯油缶を持ってご挨拶に伺いたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です