神戸市で自転車同時事故で男が重傷を負わせてひき逃げで逃走 犯人の顔写真は?防犯カメラの映像は?

自転車でひき逃げ男

神戸自転車事故で男がひき逃げで逃走中

神戸市兵庫区の路上で自転車同士がぶつかったひき逃げ事件がありました。
75歳の女性が重傷になり男は逃走中です。

公開されている防犯カメラの映像には、自転車に乗る男が走ってゆきます。
自転車でひき逃げ

ところが向こうから来た自転車とぶつかりました。
女性は激しく転び落ちました。女性はこのときに左太ももの骨を折る重傷をおっています。

男は一旦、自転車を停めて倒れた女性のそばに寄りました。
そして「大丈夫か?救急車いるか?」と話しかけたのです。
ところが、この男は救護することなく、何もせずに立ち去ったのです。

事故起こして状況からして救急車を呼ぶのが正しい判断でしょう。
それを声だけかけて去るだなんて、車じゃ当然ひき逃げになっています。

結局、救急車を呼んだのは通りかかった人でした。

この逃走した男は50代くらいで警察はひき逃げ事件として捜査しています。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170603-00000008-mbsnewsv-l28

さすがに相手に重傷負わせてるんですから、殴ったりするような傷害事件と同じですよね。
逃げたことで事件になっているわけですね。
まあこの場合は過失なのかもしれませんが、早急に逮捕されることを願いますよね。

ひき逃げした自転車の公開された防犯カメラ映像がこちら

無事に犯人が捕まると良いですね。
自転車でひき逃げ男

自転車事故で1億近い賠償金請求もありましたね

ちなみに神戸では11歳がのった自転車で歩行者と衝突事故をおこし、少年の母親に1億近い賠償金が命じられましたね。

当時11歳だった少年は帰宅途中、ライトを点灯しマウンテンバイクで坂を下っていたが、知人と散歩していた女性に気づかず、正面衝突。女性は突き飛ばされる形で転倒し、頭を強打。一命は取り留めたものの意識は戻らず、4年以上が過ぎた今も寝たきりの状態が続いている。
http://cyclist.sanspo.com/83116

最近では自転車のルールに大変厳しくなってきているので、当然のことでしょうね。

ベルをむやみに鳴らしてはダメ【道路交通法第54条第2項】
■罰則:摘発カウント・2万円以下の罰金

自転車に乗って犬の散歩禁止【道路交通法第71条】
■罰則:摘発カウント・3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金

スマホ(ながら運転)禁止【道路交通法第71条】
■罰則:摘発カウント・3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金

傘さし運転禁止
■固定器具であっても風でバランスを崩す恐れがあり、積載制限の違反になります。
■罰則:摘発カウント・3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金

自転車の2台並走禁止
【道路交通法第19条】
■罰則:摘発カウント・2万円以下の罰金

夜の無灯火運転禁止【道路交通法第52条】
■罰則:摘発カウント・5万円以下の罰金

自転車も飲酒運転禁止 【道路交通法第65条】
■罰則:摘発カウント・5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

自転車も一時停止無視禁止 【道路交通法第43条】
■罰則:摘発カウント・3月以下の懲役又は5万円以下の罰金
http://car-moby.jp/36360

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です