JA新潟厚生連三条総合病院で投薬ミスで死亡?間違えた薬は抗凝固薬のリクシアナ錠?三条市塚野目

リクシアナ錠

三条総合病院で投薬ミスで入院患者死亡

三条病院

JA新潟厚生連三条総合病院によりますと、70代男性に本来と違う治療薬を処方して、消化管出血で死亡させたことが判明しています。

この男性は4月中頃にこの病院へ入院しました。
そして4月28日から30日の昼に病院側が誤った治療薬を投薬していることが判明しました。
そのため、30日に男性の消化管から出血しました。
翌日の5月1日の午前9時ごろまでは付き添いの妻が来て会話をしていたようです。
その後に急変して悪化しました。
午前10時20分に死亡しました。

間違えて抗凝固薬のリクシアナ錠を投薬したと判明

こちらがリクシアナ錠と呼ばれる薬
リクシアナ錠

病院側は残りの薬を3日に確認しました。そのときに投薬ミスに気づいたようです。
病院は誤って、抗凝固薬のリクシアナ錠30ミリグラムを処方していました。

本来投薬するものは、肝性脳症治療薬のリフキシマ錠200ミリグラムというもののようです。
リフキシマ錠

名前が似ていますね。これは明らかに間違えてますね。
投薬なんて基本中の基本ですよね。こんなので間違われて家族が殺されたら許せませんよね。

病院は5月11日より医療事故調査委員会を発足して、原因究明をすすめているようです。
病院の事務長によりますと、遺族に大変申し訳無い、調査結果を遺族に説明して、再発防止に努めたいとのことです。

死亡させて再発防止なんて言われてもねえ。
人の命はやり直しがききませんので、再発防止よりも最初から防止してろよって思いますよね。

今後は、誰がどう間違えたのかなども判明してゆくかと思いますので、事件が大きくなると情報が集まりやすいのでそのときにでもまとめようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です