山川裕也の顔写真は?児童ポルノ製造女子小中学生の裸の画像を送らせる逮捕

山川裕也が出会いアプリで児童ポルノ製造

山川裕也が悪質にもイケメン風の画像を装って、相談に乗るお兄ちゃんポジションというのを利用して、女子小中学生らの裸の画像を製造させたようです。

この事件は当時11歳から15歳だった女子小中高生4人に裸の画像を送信させたとして5月8日と5月25日に逮捕されています。
さらに4月にも女子中学生と名取市内で性行為をしたとして逮捕されています。
警察によるとなんと押収したパソコンに300人もの児童ポルノの画像があることが判明したようです。

警察によりますと、山川は子どもに人気の出会い系アプリで小中学生らと連絡をとりました。
顔の一部分を隠したりして見栄えがよくなるように自画像を送信して相手を安心あせていたようです。

そしてそれで相談にのり、「ユウさん」と呼ばれていたようです。

山川容疑者の手口とは

この時点でとても気持ち悪いですが、さらに気持ち悪いことに、容疑者は少しだけわいせつな話をもちかけてそれに反応した子どもに話をふくらませていたのでした。最初は服をきた画像を送って褒めて、異性に興味を持つ年頃なのを利用して、今度は自身の画像を送っていたというのです。
そして「裸、送ってみて」と誘っていたようです。
この容疑者もそうですが、画像を送る女子小中学生も、頭がどうかしてるんではないでしょうか?
この親御さんらは、こんなことをする娘だと知って将来が不安になるかと思います。
大丈夫、というのは楽観的ですよね。むしろ成人したりして自由になったときこそ、さらにこういう風にして出会いを求めるいわは変質者になる可能性が高いかもしれませんね。

さらに、被害者の多くは親が寝た深夜に親のスマホを使っていたと判明しています。
親よりも遅くまで起きて何してるんでしょうかね。
容疑者は、親にバレると嫌でしょうなどと脅して、スマホに残っていた送信画像を消すようにしていたようです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170609-00000007-khks-soci

夜中にスマホだなんて怪しいですよね。
スマホロック
もしそのようなお子さんがいられましたらこういう変質者に操られているかもしれませんね。
やはりロックをかけるなどして使えないようにしなくてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です