伊熊正光さんが運転手と判明 東名バス事故 顔写真は?過失運転致傷容疑

東名事故

運転手は医師の伊熊正光さんと判明

対向車から追突した車の運転手が医師の伊熊正光さんと判明しました。
年齢は62歳で、岡崎市内の勤務先へ向かう途中だったようです。

この事故は10日朝に東名高速で対向車が中央分離帯を飛び越えて観光バスと正面衝突しました。
これによって運転していた伊熊さんは死亡。乗客ら45人は重軽傷を負っています。

  • 名前:伊熊正光
  • 年齢:62歳
  • 住所:浜松市東区

顔写真は不明です。

こちらは事故が起こった直後に通りかかった車が撮影したYouTubeの動画ですね。

分離帯越え観光バスに正面衝突 1人死亡45人けが

報道によりますと、伊熊さんが運転していた車は、自身の車が修理中だったため、借りていた代車を運転して勤務する岡崎市内の医療機関へ向かっていたとのことです。

ネットでは車種がデミオだといわれていますね。
ネットではいつも乗っている車の感覚で調子に乗り、スピード出しすぎてこうなったのだろうと言われています。
また、代車自体も怪しい意見なども多くありますね。
今後、さらに掘り下げられて事故の原因などが特定されてゆくとおもいますので、新たに判明しましたらまとめようと思います。

過失運転致傷容疑?

なお、現在警察では、伊熊さんが何らかの理由で中央分離帯の、のり面にのりあげたとしています。
また、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の容疑で捜査しているようです。
しかし、幸いにもバスの方に死者が居なくて本当に良かったと思いますよね。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170610-00000316-tokaiv-soci
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170610/k10011013411000.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170610-00000058-asahi-soci

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です