藤本彩香懲役13年の実刑判決!3歳児虐待死 大河原優樹の懲役は?

藤本彩香 (2)

藤本彩香は懲役13年の実刑判決

藤本彩香

当時3歳だった次女の藤本羽月ちゃんに冷水をかけて死亡させたなどとした保護責任者遺棄致死事件です。
この事件は埼玉県狭山市で去年1月8日夜に、藤本彩香24歳は同居していた大河原優樹と共謀して、全裸の羽月ちゃんに浴室で冷水をかけ、翌日9日未明まで放置して死亡させました。
なんとも痛ましい事件です。
検察は論告で、低栄養状態だった羽月ちゃんに藤本被告らが必要な治療を受けさせなかったために死亡したと指摘しました。
弁護側は日常的な虐待を認めましたが、死亡したのは同居の大河原が冷水をかけて浴室に放置したことが原因としていました。
しかし、求刑通り、懲役13年とする判決を高山裁判長は言い渡しました。
藤本彩香被告は懲役13年となりましたが同居人の大河原は何年でしょうか。

大河原優樹の懲役は12年6か月

同罪などで懲役12年6か月が6月9日に確定しています。
弁護側によりますと、藤本は収入がなかったようです。そのため行動を束縛されて機嫌を損なわないように生活するようになったようです。
浴室に放置されていた羽月ちゃんに対しては、様子を見に行ったが大河原被告に逆らえなかったとしています。

なんと食事を十分に与えなかったりする虐待を4か月も続けていたようです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-00000069-mai-soci
https://mainichi.jp/articles/20170530/ddl/k11/040/140000c?inb=ys
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170609-00010000-teletamav-soci

ネットの反応は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です