19歳少女が自宅で出産してクローゼットに遺棄!少女の名前や顔写真は?三重県四日市市

四日市市赤ちゃん遺棄

三重県四日市市で19歳の少女が自宅で出産して赤ちゃんの遺体を遺棄

三重県四日市市の19歳の会社員の少女によりますと「家族に知られると驚かれる」という理由で、遺体をへその緒がついたまま、ポリ袋などに入れてクローゼットに遺棄したようです。
出産は6月12日にポリ袋と紙袋に入れて隠したようです。少女は出産後に入院しました。
司法解剖の結果、出産時は生きていたようで、その後に死亡したとのことです。窒息死のようです。

三重県四日市市のマップ

13日午後、病院が出産の痕跡があるとして、子供の状態が確認できないことから、警察署に通報したようです。
署員が少女の親や病院関係者から話を聞いて自宅を調べて発覚しました。
出産した赤ちゃんを袋に入れる感覚の方が驚くかと思います。

少女は両親と弟の4人暮らしだと判明しています。
なんと家族は妊娠に気づいていなかったようです。
家族といいますか、会社員ということですので、職場の人にも気づかれないんですかね。
色々と疑問点がありますが。
相手の男性とはどうなったのかも気になるところです。

少女の名前や顔写真は不明で、年齢が19歳で会社員だということだけ判明しています。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017061690202904.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000360-tokaiv-l24

しかし恐ろしいですね。望んで生んだわけではなさそうな気もしますが、だからといって袋に入れて窒息死させるなんてとんでもないですよね。
仮に病院が気づかなかった場合は、遺体をあのまま放置しておいても、やがて腐敗して悪臭を放つでしょうし、すぐに見つかってよかったのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です