国道23号線知立バイパスでバイクとトラックの事故で女子中学生が重体【安城市高棚町】

安城市バイク事故

安城市高棚町の知立バイパスでバイク事故で女子中学生が重体

6月18日午前3時半頃に愛知県安城市高棚町の国道23号線で17歳少年が運転するバイクとトラックが衝突する事故がありました。

こちらが事故のあった知立バイパスというところの参考動画ですね。

この事故で、後部座席に乗っていた女子中学生が意識不明の重体です。
まず午前3時半に中学生の子どもが外に出ていることがすごく疑問ですよね。そして、17歳というのも当然、愛知県の条例では青少年は23時から翌朝の日の出までは深夜徘徊になりますので、補導の対象ですね。

報道によりますと、この日、少年は友人らと3台のバイクで別れツーリングをしていたことが判明しています。
こちらがツーリングをしていたバイクですね。

さて、気になるヘルメットですが、こちらも女子生徒はヘルメットをかぶっていなかったようです。
運転手の少年は単車の免許をどのように取得できたのか謎ですよね。二人乗りする場合はもちろん後部座席もヘルメットは必須ですし、そもそも車と同等のスピードを出して走行する中ヘルメット無しなど狂気の沙汰です。

事故は、知立バイパスで、バイクが右隣の車線を走っていた大型トラックに衝突したとされていて、警察の調べでは、少年がトラックを追い抜こうとした際にハンドル操作を誤って衝突した可能性があるとしています。

安全運転を心がけたい

バイクを見て驚き失笑してしまいますが、まともな一般的なご家庭ではこのような交流はまずないのではないでしょうか。
そして、バイクみて、ヘルメットをかぶっていない理由というか用意していないというのも、なんとなく理解できました。
深夜徘徊もどうようですよね。

これはさすがに起こるべくして起こった事故と思われても仕方ありませんし、せめてヘルメットだけでも運転手が責任をもってかぶらせるべきですよね。
仮に持っていなければ乗せないというのも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です