おかざきマタニティクリニック 無痛分娩ミス医療事故で女性死亡

おかざきマタニティクリニック

神戸市西区の産婦人科で医療ミスにより女性死亡

15年9月に麻酔を使って出産する無痛分娩の際に、女性と生まれてきた長男が重い障害を負っていたことが28日に判明したようです。
そして女性は今年5月に低酸素脳症が原因として、多臓器不全で亡くなりました。
その病院名は「おかざきマタニティクリニック

外来診察で麻酔薬注入直後からそばを離れるという、とんでもないことをしていたことが判明
代理弁護士によりますと、出産に立ち会った男性院長は背中から管をいれて麻酔薬を注入したあとそばを離れたようです。
その際に、脊髄中心近くのくも膜下腔に入ったらしく、麻酔がすぐに効きはじめて女性は呼吸困難になったとのことです。

女性は別の病院へ

亡くなられた女性
無痛分娩亡くなった女性

女性は緊急帝王切開を別の病院で行うことになりました。女性は低酸素状態と長期間意識が戻らない障害を負い、今年の5月に亡くなりました。
長男も生まれてすぐに呼吸循環不全で、脳に酸素が十分に行き渡らない障害のため現在も入院中です。

この病院の院長は過失を認めて示談金も払ったそうですが、謝罪に訪れることもないそうです。
とんでもない病院ですよね。

これに対して女性の夫32才は、「出産にリスクがあったとしても対応できると思ってお願いした。
対応できないのになぜ、院長は無痛分娩をさせたのか?
なぜその場から離れたのか」などと話されています。

この病院は実家に近くて、最初は自然分娩の予定だったようです。
ところが院長から、出産が困難な際に吸引カップを使用する吸引分娩をしながら無痛分娩をすることを提案したようです。
女性の母親は止めたようです。
女性は院長から説明を受けるなかで、病院だから大丈夫だよねと無痛分娩の出産を決めたとのことです。
https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201706/0010324098.shtml
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170629-00000007-kantelev-l28
https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20170629-00010007-asahibcv-l28
女性の最期の言葉は「息ができない」と夫に言ったそうです。
ほんとうに辛い思いをされたと思います。

 

おかざきマタニティクリニック医師

お産に対しては、お1人お1人の「自分らしい出産」を大切にし、家庭的雰囲気の中、より自然に、ご自身のペースを尊重して分娩、産後の大事な時期を過ごして頂けるよう、サポートさせて頂きたいと思っております。

など優しい感じで述べていますが、いまだに謝罪にこないのは人格を疑いますよね…。

ネットの反応は?

麻酔医ってかなり不足しているらしい。産婦人科専門医が麻酔医の役割もしている個人病院なら、不安かも。

どこかの記事で本人は無痛を希望していなかったけど、赤ちゃんが大きかったか回旋異常だかで無痛が必要だったと読みました。

怖い。本当に怖い。
お母さんも我が子を手に抱くことを想像しながらマタニティを楽しんでただろうに。
気の毒でならない。
どちらにしても、出産は命懸け。
私は自然分娩も痛いし、帝王切開も痛かった。

やはり大病院のように麻酔科医や小児科医がきちんと立ち会ってくれた方が安心

3 件のコメント

  • なんて酷い病院なんでしょう。
    妊婦さん、こんな病衣湯選んではダメです。
    医師の資格なしです。人をなんだと思ってるんですか。
    今、通院してる方、絶対に病院を変えてください!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です