斉藤礼伊奈パンツを被ってるマジキチ顔写真 南多摩選挙区都議会議員

斉藤礼伊奈議会議員

パンツを被る斉藤礼伊奈都議会議員

斉藤礼伊奈というネットですでに失笑されている都議会議員が話題です。
何を考えて出馬したのか理解できませんが、色々とネットで検索してみるととんでもない人物が当選したようなのです。

まず、こちらは小池百合子都知事が率いている都民ファーストが擁立したようなのですが、まずこちらの顔写真をご覧ください。

斉藤礼伊奈議会議員
こちらは新潮の記事の画像ですね。もやはポンコツ議員と書かれていました。こちらの写真ですら最初は何かの間違いか、AVの写真ではないだろうかと目を丸くしてしまいますよね。

まず普通の女性はこんなことをしませんよね。
しかも、仮にもしたとしてもこのような写真を撮ってネットにアップもすることはないかと思います。
いまだに信じがたい写真ですが、これが事実ならば何を考えているのでしょうか。実に悪い冗談です。

早稲田大学卒という高学歴!?レゲエアーティスト?

まず学歴ですが、早稲田大学政治経済学部経済学科となっているようですね。

この人物、ネットで調べると経歴はレゲエアーティストのようです。

レゲエといいますと、どうもマリファナがイコールになるのは多くの方が思うかと思います。

もちろん、レゲエアーティストだからとか、レゲエが好きだからこの人はマリファナや大麻という薬物をしているんだ!と
一方的に決めつけてはいけませんし、そもそもそのようなものに関心や興味がないのがほとんどだろうと思います。

デイリー新潮の記事によりますと、この斎藤氏は

日本政府がアメリカに前習えでなんであんなにガンジャに目くじら立ててるのか分からない

とブログで述べているようでした。
ガンジャとは大麻のことのようです。
新潮は本人にたずねたようです。
それによりますと、

「海外よりも日本の方が大麻への理解が遅れているなと感じるんです」

と述べられました。

驚きました。レゲエイコール大麻になっていました。たまたまこの方がそういう方なのでしょうか?

そもそもこのような薬物について、私たち一般人は触れることなどまずありえませんので、理解などすることはありませんしわかりませんよね。
たとえば、タバコを吸っていない人からすれば、タバコへの理解をして、もっと吸いましょうなどという方向へ向くことはないのと同じですね。

海外に行って、そのような文化に触れたり影響を受けているのなら別かとは思いますよね。

さらに経歴についてわかったのですが、
1999年ごろに音楽学校に通い、東京のクラブで活動していたようです。
クラブといえば、不良の溜まり場というイメージですよね。
あとは、薬物の売買など悪いイメージがあります。現在のそのようなイメージが根付いているのは昔そのようなものが横行していたからですね。
まあ最近でも芸能人などが大麻で逮捕されたり、アスカとか、とんでもないほど大問題となった酒井法子なんてのもクスリをしながらクラブDJをしていたのは有名ですよね。

こちらが酒井法子さんですね。音楽のジャンルは違いますが、クラブであることは間違いないですね。

そういえば、俳優としてかつては有名だった窪塚洋介も現在はレゲエアーティストをしているようですが、こちらもかつてはマンションからダイブしたり奇行が多かったですね。

この他、クラブといえば、関東連合と付き合いのあった海老蔵が調子に乗りすぎて暴行されてますね。
関東連合伊藤リオンが沖縄のヤクザとケンカはこちら
それくらい危ないと思っていたほうがよいでしょう。

ニューヨークやトロントに滞在してレゲエに傾倒

さて、この議員が、どのような活動をしていたのかは不明ですが、その後、早稲田大学を卒業してニューヨークやトロントに滞在していたようです。

そしてここでレゲエに傾倒したとあります。

どのような経験をされたのか不明ですが、

「海外よりも日本の方が大麻への理解が遅れているなと感じるんです」

というのは海外での経験がないと言えるものではないかと思います。

その後、03年に帰国してからもクラブで活躍してCDデビューをされたようです。06年よりメジャーデビューとなり、12年には日本武道館で単独公演などされています。

もちろん、日本武道館で歌ったから正しいというのはありませんので、あくまで人気のバロメーターですね。

さて政治意欲についてですが、模擬国連大会に参加するなど、子育てをする中で待機児童問題について考えるようになったようで、、都政に関心をもったとのことです。

小池百合子の希望の塾という政経塾へ入塾

そして16年に希望の塾という小池百合子の政経塾へ入ったようです。
ここで、適性テストがあって最終的に残ったようです。
こちら倍率ですがどうやら700倍で最終的に残ったのは40人ほどとのことです。

しかし不思議なのは、なぜこのようなパンツをかぶり、大麻を推奨するような人物が適性テストをくぐり抜けることができたのかということではないでしょうか?
斉藤礼伊奈議会議員

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170705-00523444-shincho-pol

ネットの反応は?

なんなんこの写真。。これが議員なん??
ガンジャっつう いかにも大麻通っぽい感じが最悪やん。。

パンツ履いてこいつ大丈夫?

パンツ議員とは知らず、時の流れで「都民ファースト」だけで投票しちゃった都民多数。

選挙運動中のニュース映像見たとき大丈夫なのかと思いました。
わたしの直感ですが少しヤバいかも。

南多摩選挙区で都民ファーストに投票した人可愛そう。小池さん、スキルを持ってる、ちゃんとした人選んだと言ってなかったっけ。大麻の事といい、この写真も、さすがにヤバイよ。

いつの写真かは知りませんが、多くの支持者は失望しているのではないでしょうかね。
高樹沙耶さんのようなことにはならないとは思いますが、何を根拠に大麻への理解をしてもらうのか今後気になるところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です