相模原市障害者施設の連続殺傷が一年!犯人の名は「植松聖」で施設は「津久井やまゆり園」

津久井やまゆり園犯人

神奈川県相模原市の障害者施設で起きた連続殺傷事件

障害者施設で起きた連続殺傷事件が今年7月26日で1年目を迎えようとしています。

犯人に拘束された、職員らからはなんと23分の間に通報が4件もあったことが判明しています。

障害者施設は「津久井やまゆり園
こちらが所在地になります。

犯人の名前は植松聖

これが犯人である植松聖の顔写真
植松聖の顔写真
見るからに頭が悪そうな感じですが、学歴を調べると帝京大学となっていて、ネットでは、いかにもバカが通える大学だと失笑気味ですよね。

そして、どうやら大学時代のときに合法ハーブにハマったらしく、そこからドラッグが好きになってさらに頭が馬鹿になったのだろうと思います。

元々は真面目そうな人らしいので、大学デビューだろうと思われます。
津久井やまゆり園犯人

馬鹿な環境にいると馬鹿が感染るのは当然ですよね。

植松聖の経歴
県立津久井高校、帝京大学教育学部
2011年5月~…小学校の教員免許取得の為に実習を受ける
2013年4月~常勤職員に昇格

植松が施設に侵入してからの犯行

施設に侵入して、40分ほど経過したころに最初の通報がありました。
被告は包丁で次々と、入所者を刺して、職員を結束バンドで拘束したようです。

2階の奥の部屋に隠れていた職員がその次の通報をしました。

3番目は1階で拘束されていたところを脱出した職員です。
最後は、2階の廊下の柱に縛り付けられたいた職員です。

被告は2つの建物の中で、入所者を次々と包丁で刺し、
パトカーが到着する前に施設を出て、なんと自ら警察署へ出頭したのです。
これによって、19人が死亡して、27人が重軽傷を負った事件

この連続殺傷事件に対するネットの反応は??

警察はすぐには来ない

職員は拘束、入所者は殺傷という識別能力、準備の周到さ等々、すべてにおいて被告は冷静な状況判断ができてますね。
間違っても犯行時に心神喪失状態になんかはなっていないですね、誰が見ても。

今この記事を載せるなら、警察の到着が遅かった理由をちゃんと取材してくれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です