用水路から白骨化した頭蓋骨は誰?場所は奈良県生駒市門前町の寺駐車場脇!

事件のあった奈良県門前町

門前町にあるお寺の駐車場脇用水路から頭蓋骨が出てきた概要

奈良県生駒市門前町にある、

お寺の駐車場脇にある用水路から、

なんと、白骨化した頭蓋骨がでてきたようです。

 

発見したのは誰?いつ?頭蓋骨は誰なのか?

発見したのは、清掃作業員です。

性別は男性と判明しています。

近隣に住んでいるようです。

発見した時刻は午前9時ごろのようです。

清掃作業をしていて、こんなのがでてきたら卒倒してしまいそうですよね。

頭蓋骨は下顎がないようです。

通報したのは別の住民です。

警察は司法解剖をして、身元確認をするようです。

つまり誰なのかは不明だということですね。

この頭蓋骨は事件性があるのか?用水路はどんなところ?

警察は今回の事案を、事件と事故の両面から調べるとのことです。

用水路はどんなところなのか?

警察によりますと、この頭蓋骨が出てきた用水路は、

幅がだいたい2メートルほどで、

深さも2メートルあるようです。

頭蓋骨はこの用水路の、水深50センチのところから見つかったようです。

下顎がないけれど他の部位は見つかったのか?

見つかったのは下顎だけのようです。

この用水路は山の水らしく、砂などが堆積していることがわかりました。

警察によりますと、月に1度ほど清掃活動をしているようで、

普段は人が入ることはないらしく、

なぜなら、2メートルもあるフェンスがあるためです。

頭蓋骨の身元は不明ですので、

名前がわからずfacebookやツイッターなどで探すことはできませんでした。

 

どこの寺の用水路なのか?

  • 生駒般若瀧不動院
  • 奥の院本堂
  • 天光寺

などがgoogle検索でヒットしました。

こちらが奈良県の門前町があるところですね

また、なにか新しい情報が入りましたらまとめようと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です