取手市の中嶋菜保子さんの自殺を隠していたことが情報公開請求で判明!

取手市イジメの隠蔽文書

取手市中3イジメ事件で自殺隠蔽文書

この事件は、茨城県取手市中嶋菜保子さんが自殺した問題です。
市立中学3年生で、当時15歳でした。
毎日新聞による情報公開請求によって、なんと自殺を隠していた文書が出てきてその事実が判明しました。

中嶋菜保子さんが自殺したのに学校は臨時会合で隠蔽を決める

中嶋菜保子さんは11月10日に自殺を図って次の日の11日に死亡しました。
学校は、この日に緊急報告書を作成して市教委へ提出したのですが、これに
「自殺を図り救急車で運ばれた」と書かれていました。
同日、の臨時会合では、この自殺の事実について真実を伝えないということを決めました。

翌日11日に中嶋菜保子さんには亡くなりました。

そして、12日の全校集会で「思いがけない突然の死」などと説明したのです。
当然その後の学校報告で「死亡事故」と表記がされていて、当初の自殺があった際にひらく、臨時保護者会もないまま
隠蔽をしていたようです。

15年12月に菜保子さんの両親からの要望によって、全校でアンケートを行いました。内容には菜保子さんに触れるものはなく行ったようです。
なお教育委員会は3年生に対してヒアリングをおこない、菜保子さんに触れましたが、自殺とは話していません。

イジメによる重大事態に該当なし

16年3月に上記のアンケートをもとに、いじめによる重大事態に該当しないと決まりました。
この直後に自殺があったことを明らかにしたようです。
なぜこのようなことをしたのかといいますと、市教育委員会は、遺族の意向と、受験を控えた生徒たちへの影響を考えた当時の判断は適切だったとのことです。

イジメ犯人は受験を控えているの影響がでないようにしたということ

さて、適切なのでしょうかね。
受験を控えた生徒たちというのはつまり
イジメをして死に追いやったイジメ犯人たちが受験をするので、影響がないようにしました、だから、この判断は適切だということですよね。やはり犯人は許しがたい存在ですから、今後どうなるのか気になるところです。
https://mainichi.jp/articles/20170730/k00/00m/040/117000c

ちなみに、
父考宜さんは「そうしてほしいと頼んだことはない」とのことです。これが教育を司る委員会の人間のすることだとすれば、人情や情けなど皆無でしょうね。こんな組織の下で教育を受けている取手市とは、ほんと低レベルな規範意識しか育たないだろうとイヤになっちゃいますよね。
考宜さんは「当時は気が動転していたのを利用された気がする」と憤っておられます。

https://mainichi.jp/articles/20170730/ddm/041/040/077000c

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です